1. HOME
  2. 実績紹介
  3. 在庫管理のシステム化

WORKS

実績紹介

在庫管理のシステム化

在庫データを分析し、需要予測・発注を自動化
最適な需要量の導出により、経費を削減

資材・事務用品向けの在庫管理・需要予測システムを開発しました。

このシステムでは、過去の使用量・製品情報のデータを分析し、今後の利用頻度や必要となる商品数量を予測します。
これにより、常備品であっても「一定量を超えた場合は発注しない」など過剰在庫が発生しないよう、数量管理を行うことが可能になります。

在庫切れや発注ミスは、企業の生産性・利益率に大きい影響を与えます。
そうしたトラブルを未然に防ぐためにも、スケジュールと必要数を確認して在庫を調整することが必要です。在庫状況を定期的に調査し、システムに入力しておくことで、発注精度を向上させるとともに人為的ミスを防ぐことができます。

機能は細部にまでこだわり、購買時の精算規則に従った端数処理や価格表示をすることも可能です。
発注量に応じた割引率がある場合など、発注先の料金設定に合わせた処理も自動で行われるため、個別に費用を計算する必要がありません。

こういった手作業をシステム化することで、効率的な事務作業にもつながり、在庫量の最適化及び経費の削減を図ります。
このシステムの活用により、今までの担当者の経験や勘で決定していた発注を、より適切なタイミングで、適切な量だけにすることができます。

POINT
・発注の自動化により、在庫切れによる機会損失を防止
・現在の在庫数と過去の発注データを分析し、需要を予測・在庫を最適化